TOEIC・英検etc. 文法・単語 英会話

句動詞 phrasal verbs Get



こんにちは!ユキです🤗

今回は、getを使った句動詞のご紹介です!

句動詞(phrasal verbs)とは、

動詞(verb)+前置詞または副詞(particle)で作られている熟語のことです。

別の句動詞についてもご紹介していますのでぜひご覧ください。
→ 句動詞 phrasal verbs Come

Let’s get started♪

get together



2人以上で過ごしたりすること、集まる

Let’s get together for a party. 集まってパーティーしましょう。

2人より多い人数の場合だと、gatherも同じように使えます。

名詞としても使えます。

I’ll go home for a family get-together.  家族の集まりのために家に帰ります。 

get-together一語で名詞の形となります

get on


(大きい)乗り物に乗車する、〜をし続ける、進める(主に仕事など)

電車、バス、飛行機など、大きい乗り物に乗るときに使います。

反対に、降りるときはget offです。

Why don't we get on a roller coaster? ジェットコースターに乗らない?

I have to get on with my work. わたしは仕事をし続けなければならない。

get behind


〜の後ろにいく、遅れる、(支払い)滞らせる、回避する

I got behind schedule because I spent too much time on the TV. 

テレビを見過ぎたので、予定が遅れました。

get over 


克服する、乗り越える、忘れる(失恋など)

①I got over him. 彼のことは忘れたよ。

②I got over the difficulty. 

わたしは困難を乗り越えた。

②の場合、overcomeと似ていますが、overcomeは困難に打ち勝って克服すると言う意味なので、①の文で使うことはまずないと思います。


get along with

仲良くやる(人間関係がうまくいく)

I’m getting along with my daughter-in-law. わたしは息子の妻とうまくいっている。

I get along with my colleagues. わたしは同僚とうまくいっている。

目的後の位置


句動詞が、前置詞、副詞、どちらで作られているかによって、

語順が変わる場合があります。

目的語が必要なとき、通常の名詞が目的語となる場合には下記の2通りの形が作れます。

① 動詞+副詞+名詞

② 動詞+名詞+副詞

本来はどちらの形も可能ですが、名詞が、代名詞(it,herなど)の時には語順が決まっています。

動詞+前置詞の場合

目的語が代名詞(it,herなど)であっても、前置詞の後ろに置きます。

I’ll get on the bus.  わたしはバスに乗る予定です。

動詞+副詞の場合

代名詞は必ず間に挟む形となり、末尾に持ってくることはできません。②の動詞+代名詞+副詞となります。

例 get up

彼を起こします。

✖️ I’ll get up him.

○ I’ll get him up.

ただし、副詞と前置詞両方になり得るものは、代名詞の位置は間と後ろどちらも可能です。

句動詞には、副詞と前置詞両方の意味を持つものが多いですが、簡単に見分ける方法がないので、それぞれ覚えていかなければならないのが難しいところです😥

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あびーずイングリッシュ

海外ドラマに数千時間を費やした結果、英語が大好きになったユキが主に記事を更新しています。 自然な会話表現に必要な文法や、辞書ではイメージできない単語をわかりやすく説明できるような記事を書くのが目標です!現在TOEIC スコア 850 どこまで英語力を伸ばせるか挑戦中!! Twitterでは、英語超初心者のホリ君が勉強記録を更新中!

New Topics

© 2022 あびーずイングリッシュ Powered by AFFINGER5