文法・単語

Should 〜した方がいい、〜すればよかった の表現



こんばんは!ユキです😆

今回は、助動詞shouldについてです。

shouldというと、「~すべきだ。」と習うので、なんだかかたいイメージだなと思われるかもしれませんが、実際にはカジュアルにも使えるよく使う言葉です😊

今回はとても便利な、shouldとshould have doneの使い方をシェアしていきたいと思います!

Let’s get started♪

shouldの基本


「すべきだ」 というと強制されているような感じがしますが、should のニュアンスは、きついものではありません。したほうがよいこと、

するのが正しいと思われること、また誰かに~したほうがいいよと言う時や意見を言う時につかいます。

shouldより強制力がある言い方は、

must

have to

had better

があります。

had betterは一見、柔らかい表現のように見えますが、実際には、「この通りにしないと悪いことが起こる」というような脅迫的な意味も含まれています。

これらの詳しい説明は別記事でしますね。


shouldの使い方



平叙文のshould

You should tell her your secret. 彼女に秘密を打ち明けるべきだよ。

You should take some rest. 少し休んだほうがいいよ。

疑問文のshould

Should I tell her my secret if I want to marry her? 彼女と結婚したいなら、自分の秘密を言うべきかな?

Yes, you should.  うん。そうしたほうがいいよ。


〜するべきだった。~すればよかった。 Should have done

主語(subject) + should  + have + 過去分詞

~すべきだった、すればよかったという意味になります。



Did you pass the exam? テスト受かった?

No, I should’ve studied harder. いや、もっと勉強すればよかったよ。


Why didn’t you tell me?   なんで言ってくれなかったの?

Sorry, I should have told you.  ごめん、言うべきだったよ。

I should have told you. 会話でよく使われる表現ですが、会話では短縮系が使われますので、聞いてみましょう。↓


日本語では、日常会話で「~すべきだった。」という言い方はあまりしないかと思いますが、

例文のように、shouldは 「~すればよかった。」というときに、普通に使います。

~すればよかった。、~できればよかったのに。、~しなければならない。はまた別の表現が色々とありますので

別の記事でお話したいと思います😆

See you soon!


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あびーずイングリッシュ

海外ドラマに数千時間を費やした結果、英語が大好きになったユキが主に記事を更新しています。 自然な会話表現に必要な文法や、辞書ではイメージできない単語をわかりやすく説明できるような記事を書くのが目標です!現在TOEIC スコア 850 どこまで英語力を伸ばせるか挑戦中!! Twitterでは、英語超初心者のホリ君が勉強記録を更新中!

New Topics

© 2022 あびーずイングリッシュ Powered by AFFINGER5